2017.1.25.

トランプのブラフ戦略

トランプ政権が政策でどう出てくるかは注目ですが、ビジネスの常識としてまずブラフから来ます。中身はともかく嚇す。強い方のみに許される手なので、それを使ってくるだけで相手に優位と(少なくとも俺はそう思っているぜ)という印象を与えられます。試合前のボクサーがやってますね。

そこに明確な根拠はいりません。勘違いでもいいし、その方がタチが悪かったりする。弱い方はそれを正すのにひと苦労し、そうか、じゃあそこは納得してやろうと原点に戻った瞬間に一本取られています。

自動車発言はブラフです。日本はアメリカほど買ってないって、おっさん、営業努力もせんで売れるわけないだろって。勿論トランプは百も承知で、無知な労働者の代弁をしてやり、支持を固め、理にかなったブラフ戦略にもなっている。減税して米国生産に持ちこめば統計上不均衡は是正され雇用は増えるのでそこへ日本を追い込めばいいという読み。半年でその道筋つけてドル安に持ち込んで米国製品として輸出するのです。

彼がビジネスマンだと今頃マスコミは騒ぐが彼の取り巻きはみんなMBAで娘のイヴァンカだってウォートンを首席で出てます。我が国はというと財界トップはそういうことは音痴。政界、官界は多少わかってるがTVで解説してる学者、弁護士の類はド素人です。ブラフに反応するのはご法度でポーカーフェースでやりすごす。それしかありません。